PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< お留守番 | main | 家政婦は見た! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    病院に行ってきました
    0
      昨日はガブちゃんのワクチン接種2回目を受けるため病院に行ってきました病院

      病院までは歩いて3~5分くらいなのでいつもケージに二匹を入れて二匹に外の匂いや景色を楽しんでもらおうと思って散歩がてら歩いていきます足跡

      アンジーは震災後、なんだか音に敏感で臆病さんになってしまったので怖くて「ニャーニャー」鳴いています猫3汗

      ガブちゃんは興味津津!猫3キラキラ
      テンション上がって「ニャオン!ニャオン!」と鳴きます。


      はいはい。おそとだよ~!ひまわり
      稲だよカエル
      ねこじゃらしっていう草だよクローバー
      公園だよ~観覧車
      すずめさんだよ~ヒヨコ
      それでもアンジーは景色を楽しもうともせずに鳴き続けました猫7

      病院に着くと御挨拶してまずは体重測定。
      猫3アンジーは3.4?。
      猫3ガブは2,2?。
      先生が二匹を見て「大きくなった!!!」と、とても驚いていらっしゃいました注意

      ガブちゃんは検便うんちオッケーでした。
      そして2回目のワクチンお注射注射
      前回よりおちついてできましたまる

      アンジーは痰が絡んだような咳をしたりフードを吐いたりするのでネブライザーをしてもらいました猫7

      ネブライザーをするときはケージごとビニールで覆って吸入なせるので帰宅するまでビニールで包んだままです。
      パパちゃんが「アンジードキドキ小」と呼ぶと「にゃ~ドキドキ小」と返事をします。

      そんなことを繰りかえしながら帰宅するとアンジーはケージの中でおしっこをしてしまっていたらしかったのでそのままお風呂場へ。
      ついでにガブも一緒に御風呂へ温泉



      猫3ガブです猫3


      猫3アンジーです猫3


      お散歩したりお風呂入ったり大変だニャ汗




      は~・・・つかれたにょ~・・・
      (注:左がガブで右がアンジーです)







      もうひとつ。


      先生がバルジャンの病理解剖の報告書をくださいました。




      解剖の所見がまとまっていて、病理組織像の写真も添付してありました。







      要約すると脳の限局した炎症が死因になったと考えて矛盾はないということでした。

      炎症の原因は非滲出性のFIPだと書かれてありました。

      バルジャンは出会ったとき、怪我と空腹からだいぶ衰弱していましたのでただ弱っていたものだと思っていました。
      先生もそう思っていて、栄養状態が良くなれば元気になると思っていたという考えは一致。

      しかし、残念ながら猫エイズも白血病もマイナスだったのにFIPが隠れていました。

      調べていなかったからわからないだけで、じつはもっとこういう病状の猫は多いのかもしれない。

      もっと警戒すべき疾患なのかもしれない。。。

      そんな警告をバルジャンは発してくれていると先生も受け取ったそうです。

      そこで、獣医師会で今度、バルジャンのケースを発表してくださることになりました。

      こうして先生がバルジャンが命を持って発してくれた医療界への警告をちゃんと世に送り出してくださるというのでバルジャンも喜んでいると思います。

      バルジャンにはさっそく報告しました。

      ありがとう、バルジャン。

      きっと助かる命が増えてくれるとママちゃんもパパちゃんも信じているよ。。。



      | 動物病院 | 19:34 | comments(12) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:34 | - | - | - |
        charlottoさん、おはようございます。

        プリンちゃん、2.9キロですか?
        うちのアンジーも3キロくらいで落ち着くだろうと思っていましたが、気が付いたら3.4キロになっていました
        ミスしいたけとしてはウェイトオーバーに気をつけたいと思います

        アンジーの咳と痰は本当にいつも心配しています。
        ガブと一緒に遊んでいても、時々痰が絡んでゼーゼー言っていることがあって、吐くんじゃないかと思って心配してしまいます
        苦しくなると座って休んでいるようなのでそのときは背中をさすって名前を呼んであげるようにしています。
        来月、ガブちゃんの手術前検診に行くときにまたネブライザーをしてもらう予定です。

        ガブ、来月にはもうアンジーと同じ大きさになっていると思います。。。
        雄猫ちゃんはやっぱり大きくなるんですかね~

        バルジャンはよく頑張りました
        てんかん発作だと思っていたらFIP感染による脳脊髄炎だったんですから!
        今後は警戒する症状の一つに加えなくてはいけません。

        目の症状も通常は両目に出るそうですがバルジャンは片目でした。だから先生も私たちも怪我をしたんだと思い込んでいました。

        バルジャンがいつどこで感染してどのタイミングで急性化のスイッチが入ったのか(何がトリガーになったのか?)を知ることで予防、早期診断、早期治療による延命がなされる一助になると考えます。

        今まで言われていたFIPの典型症状と大きく違う点を明らかにすることで病気の多様化が進んでいるという警告を発することができます。

        バルジャンの命の尊さは私たち家族の愛情の中だけでなく獣医療界にも重く受け止められるものだと信じています。

        応援してくれた皆様にも本当に感謝しています

        | アンコロ | 2011/08/25 9:24 AM |

        アンコロさん こんばんは

        アンジーちゃんは、3.4kgですか?すでに、プリンよりも大きいのですね。プリンは、最大でも2.9kg止まりでした。
        ガブくんは、もう、2.2kgあるのですね。すぐ、アンジーちゃんを追い越すでしょうね。
        アンジーちゃんの咳と痰は、心配ですが、二匹が、元気に育っていると、私も、嬉しくなります。
        友人の飼っている雄猫ちゃんは、まだ、5か月ですが、もう、3kgあると言っていました。やはり、雄猫ちゃんは、成長が、早いのでしょうか?
        バルジャンくん、本当にご苦労様でした。そして、ありがとう。
        | charlotto | 2011/08/24 8:01 PM |

        ぢゃむさん、こんばんは。

        アンジーは先生に言わせると「かなり小柄」なのでこれ以上大きくはならないだろうと言われています
        でも、ちょっとポッチャリさんになってきたので低カロリーフードとストレスケアフードを混ぜてあげています

        ガブはこの調子だとこてつ君レベルになりそうです

        今も二匹は恐ろしい勢いでゲリラ戦を繰り広げています



        隠れたり飛びついたり団子になって転がったり走ったり・・・見ていると目が回りそうです

        こんな時はさすがの私もどちらがアンジーでどちらがガブなのか分かりにくい時があります
        元気も体格もガブはアンジーに差し迫っています。
        でも、まだ生後4カ月に満たないんですよ~


        バルジャンの貢献は皆さんに知っていただくことができて本当に良かったと思います。
        バルジャンは病気を解明するために生まれてきて死んだわけではありませんし、望んで検体になったわけではないかもしれません。
        でも、結果的に短い一生でも多くの皆さんに認知していただいてお友達になっていただけたことはバルジャンも喜んでいると信じたいのです。。。

        虹の国でもたくさんのお友達に恵まれて楽しく過ごしていると思います。。
        | アンコロ | 2011/08/23 9:07 PM |

        アンコロさん&アンジーちゃん&ガブ君&バルジャン君こんばんゎ
        二匹とも順調に育っているみたいで何よりです
        うちのこてつはアンジーちゃんと同じ1歳なのに体重が5.2キロもあるんですが・・・。
        単なる太りすぎなのか・・・。
        骨格がいいのか・・・。
        先生もこれ以上増えないようにしてくださいと言われちゃいました

        バルジャン君、お仕事ご苦労様
        アンコロさんやバルジャン君のおかげでたくさんの猫ちゃんが救われるきっかけが出来たんですね。
        本当、ありがとうなんて言葉じゃ埋め尽くせない程の感謝の気持ちでいっぱいです。
        | ぢゃむ | 2011/08/23 5:40 PM |

        しめじさくらさん、こんにちは。

        アンジーとガブちゃんはそれぞれのキャリーに入れて私とパパちゃんがそれぞれ一つずつ持ちます。
        前後左右がメッシュになっているソフトキャリーなので外の景色と空気を楽しんでほしいのですが、アンジーにはその気はないようです

        ガブちゃんはマイペース

        ご友人のワンちゃんの手術の件、私も同じようにすると思います。
        飼い主の方の気苦労はいかばかりかとお察しします。

        手術を経験することで医療従事者も学ぶ事が多いですし、次につながる治療は勇気を持って望まなければ進みません。
        しかし、我が子を委ねる決断が簡単につくはずも無く、葛藤するところですよね。

        我が家では吹っ切れているようでも未だにバルジャンの事を思って目頭が熱くなることもしばしばです。

        ご友人のワンちゃんが無事に退院し、全快されますようにお祈りしていますね。
        | アンコロ | 2011/08/23 5:32 PM |

         こんにちは。
         バルジャンくん、本当にご苦労様でした。
         動物の病気は、まだまだ未開の世界だと思います。
         それでも、こうして勇気あるアンコロさん達のお蔭で、どれだけの命が助かるか、有難いです。
         最近も、友人の愛犬が病気になり、手術を受けることになりました。その大学病院では、2体しか手術の経験のない珍しい手術なんですね。
         友人も、経験の少ない手術に賭けるのに、決断までに勇気が必要だったそうです。
         健康が有難いものだと、改めて感じています。生きる今を、私自身も精いっぱい生きて、周りにもっともっと愛情をかけれるよう頑張りたいと思います。
         ガブくん、アンジーちゃんは、それぞれのキャリーですよね。
         かなりの重さになりますが、アンコロさん大丈夫なんですか?
         時々休みながらの、お散歩感覚なら、良いのかな?
         ニャンズは、お元気そうで何よりです。洗われちゃって、小さくなってますが。
        | しめじさくら | 2011/08/23 2:59 PM |

        くるみここママさん、こんばんは。

        くるみちゃんとアンジーは同じ体重ですか?
        お揃いですね。

        ガブは超の付く甘えん坊さんなので抱っこしていればたいていのことは大丈夫みたいです
        来月かさ来月には去勢しなくてはいけないので、また頑張らなくっちゃです

        パパちゃんは同じ男子として複雑な心境のようです


        バルジャンの事、知ってくれてありがとうございます。
        バルジャンは野良ちゃんだったので震災のさなかに必死に私達夫婦にすがって助けを求めてきました。
        そんなことがなければ出会うことも無かったであろう猫ちゃんでした。
        人も動物も必死に生きていた頃を共に過ごしたので戦友のような思いもあり、家族のようでもあり、失った時の衝撃は言葉では表しつくせないものがあります。

        バルジャンの頑張りを覚えていてくれる人が一人でも増えるとバルジャンも喜んで虹の国で誇らしげにしていることでしょう。
        ありがとうございました


        | アンコロ | 2011/08/23 12:15 AM |

        あおむくさん、こんばんは。

        驚かせちゃってごめんなさい

        ガブの急成長は先生も驚いてました

        アンジーは蓄膿症になるかもしれないというくらいしつこい膿のような鼻水と闘って今は鼻水は出ませんが痰が絡むようです。
        喘息のような咳をすることもあるので、時々病院でネブライザーをしてもらっています。

        今回はガブちゃんが受診したのでついでにアンジーも一緒に行ってきました

        ネブライザーはケージごと蒸しあげてしまうので終わると毛がしっとりしています(笑)

        効果があるようで咳が少なくなります。

        バルジャンは本当に思い残す事がいっぱいあって先生も私たち家族も悔しく思う事が未だに残っています。
        医療の限界なのでしょうか?
        どうしても助ける方法はなかったのか?
        思い起こし考えることがありますが、先生も同じように考えることがあるそうです

        もう虹の国に旅立ってしまいましたが、旅立つ前にバルジャンが残してくれたたくさんの事を大切に残して活用することができるのは先生の御蔭だと感謝しています。

        これからこの病気と闘う猫ちゃんと飼い主さんのお役にたつことがありますように。。。

        | アンコロ | 2011/08/23 12:06 AM |

        みっちゃまさん、こんばんは。

        ネブライザーするとちょっと呼吸が楽になるみたいです。
        でもあまり効果が持続しない時もあって、猫風邪の後遺症なのか痰が絡みやすいようなので苦しそうにしていると本当に心配になります

        ガブはもともとお風呂は大丈夫なのでいいのですが、アンジーはちょっと苦手。
        保護した日にあまりにも汚れていたので帰宅してすぐに洗面所にためたお湯の中に入れちゃったんです。それで嫌いなのかもしれません

        バルジャンの件は病院の先生が色々助言してくださったので、このようにバルジャンの命の重みを記録として残すだけでなく多くの先生に知っていただく機会を得ることができそうです。

        地域の皆様に役立てていただければもっと多くの猫ちゃんにも役にたつと思うんです。

        バルジャンという名前は私たちの中にしか残りませんが、ありがたいことだと思うのです。。。
        | アンコロ | 2011/08/22 11:55 PM |

        アンコロさん アンジーちゃん&ガブ君 こんばんは

        アンジーちゃん3.4キロ くるみとおんなじだあ
        ガブ君 お注射 お疲れ様
        お散歩がてらの 病院いいですね

        バルジャン君 最後の最後までたくさんのにゃんこのために 頑張ってくれましたね
        バルジャン君 本当に おつかれさまでした
        そして ありがとう
        バルジャン君のおかげで 助かるにゃんこが これからたくさん 増えることでしょう
        これからは ゆっくりと 楽しくすごしてね
        | くるみここママ | 2011/08/22 10:40 PM |

        アンコロさん&アンジーちゃん&ガブローシュ君
         &のバルジャン君 こんばんは

        タイトル見てちょっとドキッとして
        おじゃまして安心しました
        ガブ君の予防接種だったんですね
        アンジーちゃん、大丈夫ですか???
        アンコロさんのブログで色々な治療知ることができて
        とてもタメになっています
        そのような吸入ができるんですね

        バルジャン君の最後のお仕事は素晴しい形になりましたね
        私は自分自身も先天性の疾病があり、人間であれ動物であれ
        このように難病の解明につながることは本当に嬉しく思います
        バルジャン君が命をかけて伝えてくれたことが
        未来の猫さんを必ず救ってくれる日がくると信じてます
        | あおむく | 2011/08/22 9:59 PM |

        アンコロさん アンジー ガブくん
        こんばんは~

        ネブライザーというお薬は、ビニールに覆って吸入するんですね~。

        ふふっ
        アンジーちゃんのついでにガブくんもお風呂とは

        今回のバルジャンくんの病理解剖の結果は、これからのにゃんこの命を救うきっかけになったのですね。
        FIPは、人ごとでないですものね。
        バルジャンくん、ありがとう。
        | みっちゃま | 2011/08/22 8:26 PM |










        http://pt-0000000990.jugem.jp/trackback/67
        PR
        アンジー
        平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
        バルジャン
        平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
        ガブローシュ
        平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
        ジャベール
        2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
        ロビン
        H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS