PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< バルジャン日記?お務め完了 | main | 引っ越しました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    バルジャン日記 (21:帰宅)
    0
      追記しましたので下方をお読みください。



      皆様、おはようございます。

      バルジャンが、6/8(水)に無事に北海道から帰宅しました。

      沢山のコメントや訪問、ありがとうございました。

      関係各者、病院の先生、スタッフの皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

      病理検査結果はまだですが、お役目を終えたバルジャンが一足先に住み慣れた我が家に帰宅する事が出来ました。

      宅急便の箱を見たとき、本当に嬉しくて涙が出ました。

      中のお骨を確認するように霊園の方に指示を受けていたので確認し、小さくなったバルジャンをしっかり抱きしめてお帰りなさいと言ってあげました。

      お線香やお花などを用意し、ゆっくり休むように話しかけました。

      本当は色々書きたい事があるのですが、今朝はもう出勤しなくてはいけないので後で追記します。

      いよいよ日曜日は新居に向けてお引っ越しです。

      ネット環境が変わるらしいので、暫しお休みするかもしれませんが、またすぐに戻ってきます。

      では、簡単ながらご報告まで。
      先週末、北海道霊園の担当の方から今からバルジャン君を迎えにいくと連絡がきて、バルジャン帰宅までの予定や手順について丁寧に説明していただきました。

      月曜日の朝一番で火葬してすぐに帰宅準備に取りかかってくれるとのことでした。

      その日は朝からバルジャンにお線香を炊き、煙に乗って軽やかに雲のように天国に昇っていくようにと話しかけました。

      月曜日は天候も良く、まっすぐに上っていったと思います。

      霊園の方にはお引っ越しの日程が迫っているので今週中に帰宅させたいと少しだけわがままをお願いしました。

      水曜日、帰宅するとマンションの宅配ボックスに宅急便の荷物が届いていました。

      中身を見なくてもバルジャンだとすぐにわかりました。

      いそいそと、宅配ボックスをあけ、ラベルを確認し、何よりも慎重にその箱を腕の中にしまい込み、エレベーターに乗り込みました。

      玄関のドアを開け、アンジーにただいまの挨拶をすると自然に笑みがこぼれ、「アンジー!バルジャンがかえってきたよ!」と、話しかけていました。

      それと同時に複雑な気持ちになり、箱を抱きしめて溢れる涙を堪えることが出来ませんでした。

      そんな私をアンジーが不思議そうに見ていました。

      バルジャンの箱を開けると丁寧に梱包された骨壷が袋に入れられて入っていました。

      箱の大きさからしてずいぶん小さいと感じるほど何重にも丁寧に紙で包み梱包されていました。

      霊園の方からのお手紙も添えてあり、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

      骨壷の破損が無いか確認するように言われていましたので中身を確認しました。

      バルジャンの骨壷は水色のお星様柄の袋に入れられていました。

      骨壷の中も確認しました。
      小さくてもしっかりした形の骨が壷の半分くらいまでの深さに入っていました。

      さすがに生前のバルジャンを思うと涙があふれ、大切にしまい込みながらもまた涙が溢れました。

      お線香を上げ、新しいお花とお水、フードをお供えし、お帰りなさいと何回も話しかけました。

      アンジーは箱のにおいを嗅いだりしながら周りを走り回っていました。

      夜になってパパちゃんが帰宅し、いろんな思いを胸にバルジャンとの再会を果たしました。

      パパちゃんはバルジャンが献体に出る時には留守でしたので、バルジャンが亡くなる前の夜におやすみの挨拶をして以来、久々の再会でした。

      パパちゃんの気持ちを思うと私も泣けてきました。

      でも、バルジャンが帰ってきた夜はみんななぜだかほっとしてぐっすりと眠ることが出来ました。

      新しいお家に引っ越したら、バルジャンが安心して休める場所にバルジャンエリアを作ってあげたいと思います。

      バルジャンは短い間でしたが、私たち家族の団結力やあきらめない心、生き物と暮らす喜び等いろんなことを改めて気づかせてくれました。

      バルジャンがくれた宝物を胸に私たち家族はこれからも笑顔の耐えない家庭でいたいと思いました。

      皆さん、アンジーも元気に育っています。

      お引っ越ししたらまたアンジーの日記でお会いしたいと思います。

      それでは暫しのお別れです。


      | その他 | 08:15 | comments(12) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 08:15 | - | - | - |
        yamatoさん

        コメントありがとうございます

        バルジャン、かえってきた時はもの凄く嬉しくて泣きました。
        でも、今はアルバムや遺骨を飾るためにお花を選んだりするのも楽しみになりつつあります

        今は家族水入らずの新居です。
        まだまだ段ボールまみれですけど。。。

        落ち着いたらまたアンコロ日記書きますのでよければ訪問してくださいね
        | アンコロ | 2011/06/14 3:10 PM |

        琴音&音色ママさん

        こんにちは。
        コメントありがとうございます

        バルジャン、かえってきたんです!
        うれしかったです。
        一緒にお引っ越ししたんですが、まだ環境が整わないのでバタバタしてます。
        今朝、出勤する時は箱から出してお線香を上げてきました。
        アンジーは新しいお部屋を探検中です。。。

        まだ、そんなアンジーの写真を撮る余裕が無いのでもう少しお待ちくださいね。
        | アンコロ | 2011/06/14 3:06 PM |

        アンコロさん こんばんわぁ~
        バルジャン君、おかえりなさい
        やっと、大好きなパパと大好きなママと大好きなアンジーちゃんの元に帰ってこれたね~
        これで、もう安心してゆっくり眠れるね

        もぅ、まだ私は仕事中でお客さんもいてるのに
        バルジャン日記読んでです

        でも、アンコロさんの手元に帰ってきて
        一安心ですね~  よかった

        あっ、今頃はアンコロさん一家引っ越しの片づけ
        大変な頃ですよね~
        アンジーちゃんも、バルジャン君も新しいお家で
        また、色々な出来事が起こるんでしょうね~
        これからも、楽しみにしてます

        また、いつの日かアンジーちゃんの弟か妹が
        来る日も楽しみだし・・・・・
        ほんと、アンコロさん、パパさんお疲れ様でした。
        命あるものと一緒に日々過ごすのにも、
        楽しい事も沢山ありますが、やはり悲しい事も起こりうる
        事もありますもんね

        でも、これからはバルジャン君が見守っていてくれて
        きっと、幸せを呼ぶ招き猫になってくれてますよ~
        | yamato | 2011/06/13 9:51 PM |

        こんばんは。

        よかったよかった。
        バルジャンくん帰ってきましたね。

        宅配ボックスの…中身を見なくてもバルジャンくんを感じたアンコロさん…。
        読んでて泣けて泣けて…
        気持ちがすごく伝わります。
        なんてバルジャンくんは幸せなんだろう…。
        水色のお星様、すごく似合ってます^^

        明日、お引越しですね。
        バルジャンくんもアンジーちゃんといっしょに新居にいけますね^^
        何かとお忙しい日々が続くと思います。
        お体ご自愛ください。
        またPC復活する日を待っています。
        アンジーちゃんの元気な姿を楽しみにしていますね。

        **音色ママ**
        | 琴音&音色ママ | 2011/06/11 10:52 PM |

        *KURUMI*mama*さん

        こんばんは。

        バルジャンに代わってありがとうを言いにきました
        コメントありがとうございます。
        震災の混乱で色々大変な時にいつもクルミちゃんの元気な姿とママちゃんの頑張りを見て我が家も頑張らねば!と思っていました。
        バルジャンを好きになってくれてありがとう。
        バルジャンはやっと帰ってきました。
        明日、家族と一緒に新居にお引っ越しします。
        これからも皆一緒です!
        またブログを通しておつき合い頂ければと思います。
        アンジーもクルミおねえちゃん、大好きですヨ
        | アンコロ | 2011/06/11 10:05 PM |

        みっちゃまさん、こんばんは。

        コメントありがとうございます。

        バルジャンはお星様になりましたが、こうして暖かいコメントを頂き、家族一同、とても喜んでいます。
        闘病という言葉がふさわしい日々もありましたが、基本的には楽しく、毎日が発見と喜びの日々でした。

        こうして何か感じ取って頂いてコメントを頂けるというのは本当に光栄に思います。
        ありがとうございました。
        | アンコロ | 2011/06/11 9:59 PM |

        バルジャン君お疲れ様でした
        長旅して来て疲れたでしょ??
        ゆっくりママとパパとアンジーちゃんの傍で休んでね
        今までコメント控えていました
        バルジャン君が、帰ってきたらコメントしたかった
        またバルジャン君と会えてよかった
        ママとパパとアンジーちゃんとの生活は、幸せだったよね
        だってあんなに弱っていたバルジャン君が、走ったり食欲出たり元気になっていったよね
        バルジャン君は強かったよ
        世界で1番強い子だった
        そんなバルジャン君に、勇気・力・愛・をもらってた
        私の支えにもなっていたよ
        アンコロさんFAMILYとバルジャン君の出会いから知ってるから私も、バルジャン君を好きになるまで時間かからなかったよ
        今でももちろん大好きです
        これからママとパパとアンジーちゃんを守ってね


        引っ越しが落ち着いたらブログ更新待ってます
        | *KURUMI*mama* | 2011/06/11 9:33 PM |

        アンコロさん アンジーちゃん 天国のバルジャンくん こんばんは

        アンコロさんのブログをよく、拝見していて、命を守る、育てるの本当の意味を学びました。
        アンコロさんご夫婦も命がけで、バルジャンくんを守り、バルジャンくんも命を全うした、その姿に勇気づけられました。

        バルジャンくんのご冥福をお祈りします。
        | みっちゃま | 2011/06/11 7:31 PM |

        あおむくさん

        コメントありがとうございます。

        やっとバルジャンが帰ってきてくれました。
        しばしの休息をとっていると思います。

        時々、アンジーが側を通る度にちょっとだけビクビクしていると思います。
        いつもすれ違いざまにイタズラされてたので(笑)

        あおむくさんも「りんご」ちゃんや「ごま」ちゃんの事、思い返されると切ない事もあると思いますが、今目の前にある命を大切に頑張りましょうね。

        明日はお引っ越しです!
        新居からまた日記を書きますのでしばしお待ちください。。。

        | アンコロ | 2011/06/11 11:18 AM |

        なかさん
        はじめまして。
        コメントありがとうございます。
        バルジャン日記を読んで下さってありがとうございます。

        私もアンジーを保護して今日まで無事に大きくなってくれている姿を見ると、バルジャンも当然のように保護すれば元気に育ってくれるものだと思い込んでいました。
        命を預かる難しさを痛感しました。
        でも、たくさんの楽しい思いでも出来ました。

        バルジャンはジャン・バルジャンのような聖者として神のもとに召されてしまいました。
        本当は、ジャン・バルジャンのように強く優しく聖者のように慈悲深く再生の人生を長く送ってほしいという希望を込めて付けた名前でした。
        人生は長さではないのかもしれませんが、できればもう少し長く一緒に暮らしたかったと言うのが本音です。
        せめて1歳になるまでは・・・と思っていたんですが、残念です。
        | アンコロ | 2011/06/11 10:38 AM |

        アンコロさん&アンジーちゃん&バルジャン君 こんばんは

        バルジャン君へ
         お帰りなさい
         おばちゃんは、バルジャン君が無事に
         パパとママとアンジーちゃんのところに 
         帰ってこれて、すごくすごく嬉しいです
         大好きなママのところで、
         大好きなアンジーちゃんとゆっくり寝んねしてね


        1つの命も見つめることは本当に重みがありますね
        私たち夫婦も、
        『りんご』を育てた日々や介護や治療のことや
        迎えることのできなった『ごま』のことを
        今でも振り返ることがあります
        りんごやごまが教えてくれたことを大切に
        あお&むくと家族4人楽しく暮らしていきたいと思います

        いよいよ、お引越しですね
        バルジャン君が間に合って良かったです

        アンジーちゃんも元気そうで何よりです
        落ち着かれて、またお会いできるのを
        あお&むくと一緒にお待ちしてます
        | あおむく | 2011/06/10 10:05 PM |

        アンコロさん、アンジーちゃん、バルジャンくん

        おはようございます。
        はじめまして、なかの『嫁』と申します。

        バルジャンくん お帰りなさい。

        バルジャン日記を通して拝見しました。
        言葉が適切ではないかもしれませんが、素晴らしいです。
        バルジャンくんもアンコロさんご夫婦もアンジーちゃんも
        『生きる!』為にホント頑張ってこられましたね。

        拝見していて涙が止まりませんでした。
        貴重なお役目を終えて大好きなアンコロさんご夫婦と
        アンジーちゃんのもとに帰ってきてバルジャンくんは
        安心して笑っていることでしょう・・・

        ウチの子も保護した猫です。
        当時のことが思い出され、そして今目の前にこの子
        たちがいる愛おしさを改めて実感させていただきました。
        ありがとうございます。

        バルジャンくんは虹の国から笑顔で見守っていて
        くれていると思います。
        | なか | 2011/06/10 9:57 AM |










        http://pt-0000000990.jugem.jp/trackback/47
        PR
        アンジー
        平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
        バルジャン
        平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
        ガブローシュ
        平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
        ジャベール
        2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
        ロビン
        H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS