PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< たこぱーしました! | main | 今朝のお兄ニャン >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    健康優良児!
    27
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    今日、かかりつけの動物病院にいってきました!

    体重は1.54キロ

    男の子でした♂


    体重が1.5キロに達していたので感染症の検査の為採血と爪切りをしました。

    結果は・・・

    猫白血病ウィルスも猫エイズも心配なし!でした〜♪

    爪切りも上手にできたし、先生にもほめられました〜!

    140727_060054.jpg

    でも、うちの子にするってまだ確定していないのであまり感情移入しない方がいいですよってアドバイスもらっちゃいました。

    先生が引き受けた子猫ちゃんは里親募集に出そうとしたら4歳の娘さんが大泣きしてしまって自分が育てるというのでしかたなく引き受けたそうです(笑)

    毎日先生が見ると危なっかしい可愛がり方をしているけど一生懸命なので娘とニャンを見守っているそうです。

    そして、私が子ニャンコを引き受けるかどうか迷っている一番の理由を相談してみました。

    子ニャンコは可愛いけど、数が増えるとご飯やトイレの管理が難しく、固体管理が厳密にしにくいので病気に気が付くのが遅くなったり見逃すのではないか?という不安があると打ち明けました。

    今ですら実はオシッコの管理ができていないことも気になっていました。

    先生曰く・・・

    複数飼育していて数が増えると固体管理は難しいでしょう。

    仰る通りです。

    おかしいかな?と気が付いた時には進行してしまっている可能性が高いです。

    アンコロさん家は男の子が多いから予防もかねてPHコントロール用のフードに変えてしまってはいかがでしょう?

    いずれ女の子はあまり心配ないけど男の子は尿路の心配は出ます。

    「多頭飼いはオシッコの量や排泄回数などが把握しにくいので、予防もかねてフードを変えています」と、先生自身の経験談を教えていただきました。

    奥様が「え?この子治療してるの?」というくらい変えてしまったと笑っていました。

    獣医の飼育方法はよく聞かれますけど、そんなに厳密じゃないですよ(笑)

    この子、お目目クリクリで可愛いし、毛色もいいし、性格もよさそうだからどこかにもらわれていっても2〜3日ご飯貰えばなつくんじゃないですかね?

    一か月くらいはただお世話してるって気持ちで様子を見てはどうでしょう?

    と、言われました。

    それもそうだな〜って考えながら帰宅。。。

    帰宅してケージに子ニャンコを戻す前にキャリーバックを床に置き、ケージ内を清掃していると・・・

    ジャベが来てそっとキャリーバックに身を寄せて寄り添うように横になりました。

    子ニャンコを気遣っているように見えてジーンと来てしまいました・・・

    先生曰く・・・

    我が家はアンジーが集団のボスで弟たちを管理しているようです。

    ボスになるかどうかは体の大きさではないんだそうです。

    オスのケンカの強さはからだの大きさよりも顔の大きさの方が関係あるそうです。

    猫パンチをもらってもびくともしない頬の筋肉の張りがある猫ほど睨みがきくのだそうです。

    先生の病院の近くに野良ちゃんの猫グループがあって、最近、そのグループに怪我させられたワンちゃんが二匹運ばれてきたそうです。

    その猫の様子を見に行った先生が周囲の猫の様子を観察して気が付いたこと・・・

    団体外行動をとっている猫のグループを見つけたそうです。

    群れではないけれどグループを作っていて決まりに従って行動している様子だという事でした。

    アンジーも何か決まりを作って弟たちと団体行動をしているのだろうということでした。

    140721_184835.jpg

    アンジーがにらみを利かせて攻撃的な態度をとっていないならお兄ニャンズは攻撃したりしないだろうと先生はおっしゃっていました。
    ジャベと仲が良くてアンジーは見ているだけで良くも悪くもかかわってこないと言うと、それではアンコロさん家で引き取っても大丈夫と言えば大丈夫なんでしょうね〜って笑っていました。

    ただ、他のニャンズと毛色が違うのでどうでしょうね?と、冗談っぽく言った後に、ニャンズの年齢が近いのでロスしたり病気になる時期が近いと苦労が多いかもしれないのでその点もよく考えて決断するように最後に言われました。

    たしかに・・・

    それはそうですが・・・

    きちんと育ててくれるような新しい家族が見つかればご縁として受け入れますけど、感染症が無くてジャベと仲よさそうにしているところを見るとうちの子でもいいのかな〜って思っています。

    もう一回、内服薬が処方されたので飲み切ったらまた受診して先生と相談してみます。

    今日のキーワードは「固体管理」と「団体行動」でした。


     
    | 子猫 | 15:53 | comments(6) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:53 | - | - | - |
      ★ミーちゃんとマックスのママさん★

      ね〜!にんげんは小顔がいいですけど、ニャンの世界は顔が大きい方が強いみたいですよ(笑)
      子猫ちゃんは毎日お世話してますけど、先輩ニャンズはだれも攻撃しないし見守るだけの穏やかな日々です。
      だれも粗相や嘔吐が酷くなるなどの様子もないですし・・
      でも、管理する事に対して不安のある私はまだ決断できないまま今週一週間暮らすことになりそうです。。。


      ★ルイ&アイさん★

      ニャンコの管理の仕方について悩んでいます。
      目の前にいて可愛いだけならいいのですが、病気やけがなど通院しなければいけない状態になった時、気が付くのが遅くなるのが心配で食事やトイレの管理が上手にできるかどうか悩んでいます。
      ジャベが来たときも随分悩みましたが今はそれなりに暮らしているのでこの子もなんとなくそれなりに暮らしていくのかもしれませんね。。。

      | アンコロ | 2014/07/28 9:33 PM |

      健康で良かったですね〜、お利口さんで爪切りも・・・(^O^)/

      ふふふ、お嬢さまの涙にはね〜・・・仔猫ちゃんの勝ち〜!(^◇^)

      たしかに多頭飼いは難しいことが多いですが、楽しみも倍増ですものね^m^

      なるほど予防にフードを・・・さすが獣医さん!
      いろいろとニャンズの情報、ありがとでしたm(__)m

      アンジー姐さん、さすがです!(^−^)
      | ルイ&アイ | 2014/07/28 11:26 AM |

      こんばんは。

      子猫ちゃんのお話、
      いっきに読み込んでしまいました。

      獣医さんとのやりとりの中にも
      参考になることがたくさんありました。

      猫白血病ウィルスも猫エイズも心配なしとの事で
      本当に良かったです!!!

      爪切りも上手に出来るお利口な
      とってもかわいい男の子。

      アンコロさんのおうちの子になっても
      他のご縁があっても
      とにかく幸せになって欲しいですね。

      それからニャンズのボスになるかどうかは
      体の大きさではなく顔の大きさの方が関係あるって
      なんだかとっても面白い話だと思いました。 

      人間は小顔がもてはやされますけどね。笑

      | ミーちゃんとマックスのママ | 2014/07/28 12:22 AM |

      ★しし丸ママさん★

      優しいコメントいつもありがとうございます。
      皆ニャンが健康ならいいのですが・・・
      最近、お友達ニャンの腎機能検査や治療の記事を読むと我が家は大丈夫だろうか?と心配になります。
      最近は休みの日もできるだけ半日でも仕事を詰め込むような日々を送っていてあまり自宅にいないのでニャンの様子に気が付かずに寝てしまうこともシバシバ・・・
      ラッキーなことにガブの粗相が嘘のように直り、心配事が減ったとたんに子猫に出会い、今は一生懸命お世話してますがこの先の不安はないでもないです。
      感染症が無いからと言っていきなりフリーにするわけにもいかないですし、先住猫の嘔吐がいつもの食べ過ぎや毛玉によるものなのかストレスによるものなのか?わかりかねてしまい、物音にすごく敏感で臆病なアンジーがどこまで順応してくるか?猫同士でうまく折り合いがつくのでしょうけれど、心配と言えば心配です。
      アニマル保険の保険料やマイクロチップ、ワクチンなどの経費も4匹分となるとなかなか・・・
      ウジウジ考えてしまって、自分が面倒見なくてどうする?という気持ちと素敵なご縁を望む気持ちとで大きく揺れています。
      生まれてきた命に罪はないので今しばらく様子をうかがいながら過ごしていきたいと思っています。


      ★こみぞうさん★

      こみぞうさんがゴロー君をコンビニでしたっけ?保護した時のことを思い出しています。
      ろくな食事ができずに飢えていた茶トラ君にご飯を食べさせ、誤食やもきち君との関係に悩み、ごろママさん家に迎え入れられるまでの事を思い出していました。
      自分が保護したんだもの、自分を信じて家猫修行にはげみ慣れてくれると可愛いし、一緒に暮らしてあげたいと思う反面、先住猫との関係性もあるし、複数の子を管理できるかどうかの不安もありますよね。
      現実問題として部屋の広さや養っていくための経済力や・・・
      可愛いという気持ちだけでは簡単に片づけられない問題に直面して決断しかねている情けない私であります。。。
      モジャ男先輩が一生懸命かまっている姿とそれに甘えてケージの中からモジャ男先輩とコミュニケーションしている子猫の様子を見ると何とも切ない気持ちになります。

      | アンコロ | 2014/07/27 11:07 PM |

      子にゃんこが、アンコロさんと出会いった時から、ドキドキしながら拝見
      してましたー。真ん丸顔でクリクリお目目♪そして何より元気で
      嬉しいです。
      ジャベくん、にゃかにゃかやるにゃぁ((・´∀`・))ンフッ♪優しい男子♪
      モジャ男の中のモジャ男だにゃヾ(*´ω`)ノ゙

      4ニャン目、私もものすごく悩むと思います。ご縁があったらとは
      考えていますが、自分だけでなく、猫たちの先の事を考えると、不安も多々出てきて
      しまうので。
      でも、子にゃんくんは、もう幸せの第一歩を掴んでますもの、どんな
      決断になっても、周りにも幸せくれる子なんだと思います(*^^*)
      | こみぞう | 2014/07/27 8:10 PM |

      こんにちは、エイズ、白血病なくて良かったですね。
      色々と悩んでいらっしゃるのですね。
      うちも複数飼いですが偶然なのか解りませんがアンコロさんが思っているような事は余りありませんよ。
      うちは表のボスと影のボスがいます。(笑)
      年齢もみんにゃ1才違いですが支障もないしみんにゃ柄は違うけど仲良しですよ。時々けんか?じゃれ合いもするけど
      病気の管理もうちは心臓病が2匹とドライアイ、肝臓の子がいますが
      それなりにやっていますよ。
      うちにはパパにゃんがいますが病気はノータッチです。
      医師で忙しかも知れませんがアンコロさんなら大丈夫だと思いますよ。
      長々とごめんなさいね、ゆっくりと考えて下さいね。(≡・x・≡)
      | しし丸ママ | 2014/07/27 4:21 PM |










      PR
      アンジー
      平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
      バルジャン
      平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
      ガブローシュ
      平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
      ジャベール
      2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
      ロビン
      H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS