PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< お誕生日プレゼントなのに・・・ | main | パパちゃんのお受験 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    バルジャンの活躍は続く・・・
    0



      みにゃさんこんばんは~。


      ガブちゃんで~す。

      僕チン、今日、ワクチンしてきたんだよ~

      猫3注射

      僕チン、4.57キロ

      アンジーお姉ニャンは3.88キロでした。

      僕チン、前回よりちょっと体重減ったニャ。

      でも仔猫の体形からオトニャの体形に変わってきたって言われたニャ~!

      伸び盛りだニャ~ロケット

      ママちゃん、オイチイご飯もっと食べさせてくれニャ~!

      フード猫7


      女の子・・・はい。はい。・・・


      というわけでお注射を頑張ったガブにはご褒美のカツオを一本あげましたよ。


      魚・・猫7


      さて。


      日記の題名にありましたバルジャンはといいますと・・・



      猫3はてな



      FIPドライタイプで生後8カ月の頃に亡くなったバルジャン。


      バルジャンはウィルスが脳に入り込んでてんかんのようなけいれん発作を繰り返し、最終的には脳炎で亡くなりました。

      片方の目が白く濁っていて、片方の耳が炎症を起こしていて、怪我もしていたので、事故かなにかで怪我をして衰弱していたのだと思い込んでいましたが、亡くなった後、目の中の液体と脳脊髄中の髄液、主要臓器の病理解剖による検査を受けてFIPドライタイプの病名が付きました。

      バルジャンは病理解剖の為、検体し、お勤めを終えた後に札幌の霊園で荼毘に付されてからお家に帰ってきました天使


      バルジャンの闘病の記録は岩手県の獣医師会の勉強会で報告されました。


      メモ


      今回、バルジャンの病気の記録は東北の獣医師の先生のお勉強会(学会)で発表されることになりました。と、先生から報告を受けました。

      バルジャン、この秋、東北6県の獣医師の先生の前で活躍します!


      同じ病気で苦しむニャンちゃんを1ニャンでも多く救うため、バルジャンの記録が役に立ちますように。。。天使

      パパちゃんとママちゃんはいつでもバルジャンの活躍を応援しています。

      そして、誇りに思います。



      キラキラ猫3キラキラ



      バルジャン、もう少し虹の国でお仕事してから帰ってくるのかな?


      パパちゃんとママちゃんは応援して待ってるからね。。。









      | 闘病・難病 | 19:37 | comments(22) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:37 | - | - | - |
        あおむくさん、こんにちは。


        FIPはわからないことが多い病気のなかの一つですよね。
        愛情深く暮らした家族を検体に出すというのは簡単にできないことで、調べたくても調べられないまま終わることの多いのが子供の病気とペットの病気だと聞いています。

        実際、そうかもしれません。

        バルジャンは一緒に暮らした時間の短い野良ちゃんだから検体いに出したというわけではなく、原因のわからない病で短時間に亡くなった。
        地域の猫ちゃんも感染の恐れのある病気ならはっきりさせて注意喚起しないと他にも同じような症状で亡くなる猫が出るかもしれない!
        という先生の危惧も良くわかりましたし、先生や私たち家族の見立てが間違っていたのか?間違っていなかったけど亡くなったのか?バルジャンはどうしてこんなに早く虹の国に旅立ったのか?解明する必要があると感じたので検体に出しました。


        仲良lく一緒に暮らしていたアンジーの感染も心配でしたし。。。

        運良くアンジーは健康で今まで暮らすことができていますし、地域で同じような症状で急死する飼い猫ちゃんは出ていないようです。

        先生はバルジャンがいつどこでFIPに感染したのかが凄く気になっているようです。

        今度の学会では多くの先生方との活発な意見交換が期待されます。

        許されるなら私もご一緒して見学したい気分です。

        ガブも元気です。
        ちょっと体重が落ちていたようですが、もっと美味しいご飯を食べさせてもいいと言う事でガブにとっては嬉しい結果!?になったのかな?

        むっくん、ガブももっともっと大きくなってむっくんやなっちゃんみたいになりたいそうですよ
        | アンコロ | 2012/08/25 5:51 PM |

        charlottoさん、こんにちは。

        バルジャンが闘病していたころ、プリンちゃんも同じような症状と闘っていましたので我が子のように応援していたのを思い出します。

        バルジャンは虹の国のお勤めでまだ多忙なようですので、家族としては気長に待つとします。

        ネコエコハウスができたら帰って来てくれるかな・・・
        | アンコロ | 2012/08/25 4:58 PM |

        アンコロさん&アンジーちゃん&ガブリーシュ君
        そして、大活躍中のバルジャン君 おはようございます

        アンコロさんとご主人の決断が、まだまだ奥深いFIPの
        解明に 繋がり続けることはとても嬉しく思います
        バルジャン君はママちゃん・パパちゃんの
        自慢の息子ですね
        大活躍して、のんびりお昼寝三昧したくなったら
        迷わず、大好きなアンコロママ&アンジーちゃんの所に
        帰ってくるって思います

        このブロブでもFIPもお話をよくみかけます
        私は直面したことは無いのですが
        幼児期の環境にかかわらず発症していることは
        とても危惧される状況だと感じています
        バルジャン君の活躍が解明や治療の発展につながる日が
        遠く無く来ることを願うばかりです

        ガブ君、お注射 頑張ったね
        健康状態よくて何よりです
        お、カツオ1本とは、ママちゃん太っ腹
        ガブ君、良かったね

        成長と共に、体型も、顔つきも大人びてきますね
        むっ君なんて、青年を飛び越えて、親父です

        | あおむく | 2012/08/23 7:29 AM |

        アンコロさん こんばんは

        バルジャン君は、まだまだ、みんにゃのために活躍しているのですね。
        短い生涯でしたが、アンコロさんのお家に来たことも、検体に出されたことも、そういう使命を持って生まれてきたのでしょうね。
        この先もずっと、獣医会でも、猫界でも、有名で活躍した猫さんとして名が残ることでしょう。
        ありがとう、バルジャン君。

        バルジャン君が、帰って来るのは、もう少し後でしょうか?
        アンコロさん一家が、引っ越して、落ち着かれた頃、ひょっこり帰って来てくれるのではないでしょうか?(私の勝手な願望ですけど…。)

        バルジャン君のを見ると、闘病していた頃の頑張りとアンコロさんの看病の様子を思い出し、胸が詰まり、涙してしまいます。
        本当に、バルジャン君、頑張りましたよね。
        金メダルをあげたいくらいです。
        | charlotto | 2012/08/22 11:25 PM |

        ヒナさん、こんばんは。

        アンジーにお祝いコメントありがとうございます。
        なっちゃん、きいちゃんママさんありがとうございますニャ。
        アンジーより

        なっちゃん、どうしたらなっちゃんみたいに大きくなれるかガブが聞きたいそうです。
        今度、好き嫌いなく何でもよく食べるように教えてあげてくださいね~

        FIPはウェットタイプの方が報告が多いと聞いています。
        それに、私の住む地域ではFIPは比較的少ないと言われていたそうなので、ドライタイプのFIPが見つかるなんて・・・
        先生もまさか!って思ったと正直に話してくださいました。
        これからは、似たような症状、兆しを見つけたら慎重に様子を見ていこうと思うとも仰っていました。

        バルジャンの寿命は短かったかもしれません。
        家族の時間も凄く短かったかもしれません。
        でも、バルジャンがうちに来てくれた事実は変わらないのでこれからも大切な家族の一員として応援していきたいと思っています。
        | アンコロ | 2012/08/21 10:33 PM |

        ちゃりさん、こんばんは。ようこそおいでくださいました。

        ガブはもっと大きくなると思っていたんですが、意外と!?スリムマッチョな感じで、よそのニャンちゃんを見るとまだまだ仔猫っぽいな~って思っていました

        でも、先生にちょっと大人っぽくなってきたと
        誉められた?ので、家族一同、調子に乗っています

        本当は6キロ近いデカニャンコになるかと期待していたので、これからのガブの成長に期待したいと思っています

        バルジャンは症状も珍しかったですが、大切な家族を検体に出すということ事態が珍しいので、なかなかここまで調べることができないのだそうです。
        バルジャンは炎症を起こしていた目の中の液体から脳脊髄液、内蔵、血液と調べられるものはすべて調べました。
        いや、調べてもらいました。
        それが多くの先生にとって貴重な情報になればニャんこ界そのものに貢献できるかな~って思って期待しています
        | アンコロ | 2012/08/21 10:11 PM |

        しちにんさん、はじめまして。こんばんは。
        ようこそおいでくださいました~

        バルジャン日記読んでいただいていたそうで、ありがとうございます。嬉しく思います。

        FIPに関しては私もあまりよく知らないのですが、今回、バルジャンの闘病を通してみると、片方の目の炎症と片方の耳の炎症がFIPの典型的な症状の一つだったんだと思います。
        血液検査では確定診断は得られなかったのですが、脳からウィルスが出てきたので、FIPウィルスが原因の脳炎で亡くなったようです。
        そんな、FIPウィルスがどうやって脳に入り込んだのか?謎ですし、事前に読んだ文章の中には脳炎の情報は入っていなかったので先生も私も驚いてしまいました。

        更に驚いたことには肝臓など内臓には全く症状が出ていなかったということでした。
        どんなに内蔵が健康でも脳にダメージがあれば長くは生きられない運命だったのでしょう。
        バルジャンは足早に旅立ってしまいましたが、亡くなって1年以上たってもまだ病気と格闘しているようです。
        かかりつけの先生のおかげと感謝しています。

        ガブはひねりへそ天を誉められて喜んでいますよ~

        | アンコロ | 2012/08/21 10:00 PM |

        ねこぱんちさん、こんばんは。

        ガブはワクチンの後も何事もなかったかのように元気です。
        アンジーはだるそうにして寝ていることが多いんですが、ガブはケロっとしたもんです(笑)
        たくましいと言うか、鈍感というか・・・

        バルジャンはなかなか帰ってこないと思ったらまだ忙しく働いているようで・・・もう少し気長に待つとします・・・
        | アンコロ | 2012/08/21 9:40 PM |

        しめじさくらさん、こんばんは。

        ニャニャ!にゃんと~っ!!!

        さくらお姉ちゃんとアンジーが同じ!
        おーちゃんとガブが同じ!

        なんだか他ニャンとは思えませんにゃ~

        私もさくらちゃんとおーちゃんってこんな感じなのね~ってしげしげと見ていました(笑)

        先日はバルジャンのカードまで作っていただきありがとうございました。お気持ちに応えるべく、バルジャンはまだまだ活動中のようで、FIP解明の運動を続けているようです。
        頼もしいです。
        バルジャンの頑張りがお役に立ってくれますように。
        かかりつけの先生には感謝の気持ちでいっぱいです
        | アンコロ | 2012/08/21 9:37 PM |

        はるらんさん、こんばんは。

        バルジャンはアンジーを保護したバス停前の信号を挟んで反対側にあるうちのマンションの裏の駐車場で保護しました。

        似たようなところが多いことと月齢が近いことから兄弟と考えて間違いなさそうだと病院の先生もみていました。
        兄弟とおもうとアンジーだけじゃなくバルジャンも同じく元気になって大きく育ってほしかったと今でも切なく思います。

        しかし、そんなバルジャンの生きた証が草むらの中で消えずに沢山の先生やニャンちゃんの為に役に立とうとしていると知ると嬉しく思います。
        バルジャンもきっと胸を張って「エッヘン!」ってしていると思います
        | アンコロ | 2012/08/21 9:32 PM |

        ひなはなさんこんばんは。

        ガブは前回受診時より体重が少なくなっていたらしいので、ちょっと栄養補給も兼ねて御褒美のカツオをあげました

        バルジャンは幼くしてこの世から旅立ちましたが、今もってもまだ皆ニャンの為に活躍しているらしいので応援しています

        アンジーもバルジャンもガブもそれぞれ個性があって、面白いですよ
        | アンコロ | 2012/08/21 9:26 PM |

        こみぞうさんこんばんは。

        ガブののび~ん!ちょっと変じゃないですか?ねじれちゃって。
        ガブもだんだん体格が大きくなってきています。
        でも前回よりちょっと体重が減っているのでもう少し食べさせていいのかな~?って思っています。

        でも、今でも自由にご飯を食べているのでこれ以上って・・・
        ご飯の一粒のカロリーを上げるか、おやつを増やすか・・・
        ちょっと考え中です

        バルジャンの症例報告は先生の努力の賜物と感謝しています。
        面倒くさいと言ってほったらかしにすることもできたろうに、ちゃんと地方から中央に向けて発信する意欲の高さに頭が下がります。
        | アンコロ | 2012/08/21 9:21 PM |

        なかママさん、こんばんは。

        ガブに話しかけてくれて有難うございます。
        きっと聞こえていると思います。

        病院の先生がバルジャンの事を報告してくれて・・・
        バルジャンの頑張りや若すぎる死は無駄にならず、多くのにゃんちゃんのために役に立つと知って家族としては凄くうれしいです。

        なつ君と一緒でガブも甘えん坊王子です
        でも、男の子だから強い一面もあって頼もしい時もあるんですよ
        | アンコロ | 2012/08/21 9:13 PM |

        アンコロさん、アンジーちゃん、ガブくん
        そして、バルジャンくん こんにちは

        バルジャンくんがこれから大活躍してくれるんですね
        FIPは本当にまだまだ解明されていない病気ですものね。
        うちの子はウェットタイプだったそうです。
        でもFIPは病理解剖をしないとはっきりわからないんですよね。
        FIP抗体価だけでは、100%の判断ができないらしい。
        というのを知りました。
        バルジャンくんの活躍で、1にゃんでも多くの命が
        救われることを切に願います。
        そしてFIPが不治の病ではなくなりますように!!
        バルジャンくん本当にすごい
        アンコロ家、自慢の長男ですね

        次男のガブくん、お注射お疲れ様
        ガブくん頑張ったね~
        大人の体型になってきたの??
        うんうん、伸び盛りだからおいしいご飯たくさん
        食べなくっちゃ
        うちのなつらは伸びすぎて少しメタボかも
        なつらはダイエットに励むことになりそうです(;^ω^)


        そしてそして、長女のアンジーちゃん
        おそくなっちゃったけど、お誕生日おめでとう
        2歳になったんですね
        うちの子達と同級生だね~
        これからも優しくて美人なアンジーちゃんの
        より一層の活躍を楽しみにしています
        | ヒナ | 2012/08/21 10:15 AM |

        見事に3匹とも黒ネコさんなんですね
        見分けがつかなくなってしまいそう
        バルジャンくんは、学会で報告されるような
        めずらしいタイプの病気だったのですね。
        こうして、まだ知られていない症例をぜひ医療者の
        方々に知ってもらって、治療法も確立してほしいですね。
        ガブくんは4.5キロですか。
        ちょっと小柄で、いい感じですね!
        うちの男子チームはどちらも5.5キロなので、
        かなり存在感があります
        | ちゃり | 2012/08/21 9:09 AM |

        はじめまして。こんばんは。
        最初にアンコロさんのブログを目にしたのは「バルジャン日記19」でした
        今までコッソリ拝見させていただいていました
        FIPはまだよくわからない、とても死亡率の高い病気だという事くらいしか知りませんが・・・
        バルジャン君は、自身のように一般的に言われる症状がほぼ出ないことが起きたりする「まだよくわからない」病気の解明のために今も尽力してくれているのですね。病気が解明されても、バルジャン君の功績はずっと輝くのですね
        検体を勧めることができる主治医の先生も、決心されたアンコロさん方も、本当にすごいことだと思います
        獣医師の先生は、バルジャン君が虹の国へお引越ししてしまってからもアンコロさんと討議したり、こうしてきちんと報告してくれる、とても素晴らしい先生のようで、正直とてもうらやましい思いで拝見していました。
         ガブローシュ君はワクチンお疲れ様
        すっかり男前な感じになってきましたね
        ひねりヘソ天伸びカメラ目線のお写真はなんだかワイルド~
        | しちにん | 2012/08/20 8:08 PM |

        こんにちわ~

        ガブくん、お疲れさま~( ^^) _U~~

        元気いっぱいでなにより


        バルジャンくんは今も頑張っているんですね。
        頭が下がります…

        みんニャの為にありがとう。バルジャン君
        | ねこぱんち | 2012/08/20 5:49 PM |

         こんにちは。
         にゃにゃにゃんと、アンジーちゃんとさくら、ガブくんとおーちゃん、ほぼ同じ体重です!!

         この夏、さくらが3.8?になりまして、ダイエット成功しながら、少し変動したりです。
         見た目も、何だか小さくなりました。アンジーちゃんは、こんな感じなのねーって、改めて見ています。

         ガブくんも、大人の仲間入りですね。ワクチンも、お疲れ様でした。これで、一年間は安心ですよね。
         

         
         バルジャンくん、凄い使命を果たされるようですね。これも、パパさんママさんの強いお気持ちが、バルジャンくんを崇高な使命に代えたと、一人感じ入っております。

         頑張ってね、バルジャンくん!応援してます。

         
        | しめじさくら | 2012/08/20 5:29 PM |

        バルジャンくん、まだ仔猫でかわいかったんですね・・・
        病名がもっと早くわかっていたら命が助かったかもしれませんね。
        こんな小さな命が病魔に冒されて・・・
        思い出すと胸が痛くなるとおっしゃっていたけど、
        写真だけ拝見してもアンコロさんのお気持ちわかります。
        でも、そんなバルジャンが獣医師会のお役に立っているんですね!
        生きていた時も今もけなげなバルジャンくんです
        | はるらん | 2012/08/20 10:51 AM |

        こんばんはー

        ガブさんワクチンおりこうさんでしたね。
        カツオ1本もらうたあ、ふとっぱらかあさんですね。

        バルさん、しっかり後世に命をつないでいます。
        今ごろ、なにしているでしょうね。

        命の重み、命のリレー、縁、
        いろんなことを教えてくれる、
        なかなかのオトコマエさんです。

        それにしても、黒猫さん、ひとつとっても、
        いろんな顔がありますなあ。。。
        みんなそれぞれ愛らしい
        | ひなはな | 2012/08/19 11:54 PM |

        ガブく~ん!ワクチンおつかれさまです^^
        やったぁ終った~~♪って嬉しそうな伸び~に見えます
        ガブくんも、おとにゃの男になっていくにゃね

        バルジャン君は、これから大きなお勤めをしようとしている
        のですね。
        たくさんの猫さんたちの命を救う
        これってすごいことですよ~バルジャン君
        バルジャン君の心の声や、アンコロさんご夫婦の思いや願いも、獣医師の先生達に伝わってくれることと信じています。
        | こみぞう | 2012/08/19 11:25 PM |

        こんばんわ

        ガブくんもおにいちゃんになってきたんですね

        我が家のなつは2歳になったけれど大きくなったのは
        体だけでいまだにお子ちゃまですけどね

        バルジャンくんはすごいね
        アンコロさんとパパさんの自慢の息子さん。
        みんなの為に今でも頑張ってくれてるんだもの。

        昨日、空を見上げて名前を呼んだんだけど
        虹の国までちゃんと届いたかなぁ?
        | なか | 2012/08/19 8:24 PM |










        http://pt-0000000990.jugem.jp/trackback/187
        PR
        アンジー
        平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
        バルジャン
        平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
        ガブローシュ
        平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
        ジャベール
        2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
        ロビン
        H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS