PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< 食わず嫌い | main | 待ち遠しいニャ~ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    うちの子でよかった話
    0
      みなさん、こんばんは~星

      メモ

      今日は職場で聞いたお話を紹介します。


      クローバー  チューリップ  クローバー  猫3  クローバー  チューリップ  クローバー



      職場には年齢がかなり上の超ウルトラ熟練スタッフさんがいます。

      猫が大好きラブ

      Kさん。

      Kさんのお家にはアメショーの男の子がいます。

      その前はペルシャの雑種かな?美ニャンちゃんがいたそうです。

      今は近所の地域猫のお世話もしているそうです。

      さて、そのKさん家のアメショー君。

      去年、てんかん様発作が起きて大変な思いをしました。

      私もバルジャンの事があったので良く調べてあげた方がいいと助言して応援してました。

      幸い、内服薬が効いててんかん様発作は落ち着いていました。

      ところが、最近、また同じような発作。いや、もっとひどい発作を起こすようになったそうです。

      Kさんはニャンちゃんに保険をかけていなかったので検査や治療にかかる費用は相当なものだとため息をついていました落ち込み

      私もかける言葉がありません悲しい

      そうしたら一緒に暮らしているKさんの息子さんが良いことを言ったそうです。

      Kさんが愚痴ります

      「あ~・・あんなにいっぱい仔猫のいる中からこの子だって選んでうちに連れてきたのがよりによってこんな大変な病気の子だなんて・・・悲しい

      そしたら息子さんがこう言ったそうです。

      「この子は家に来て良かったんだよ。」
      「もしかしたら病気だってわかったとたんに捨てられるかもしれない」
      「もしかしたら早々に安楽死させられてたかもしれない」
      「でもうちに来たからこうして病院にいって治療できるしお腹いっぱいご飯食べていられるんだよ。うちに来てなかったらこうはできなかったと思うから、この子はうちの子になって良かったんだよ。」


      それを聞いたKさん

      すごく嬉しくなって、この子を最後まで面倒みてあげられるのはウチしかないって自信がわいたそうです力こぶ

      この子との出会いは運命だったって思えるそうです。

      そう思えるKさんは素敵だと思いました。

      Kさん家のニャンコちゃん、1日でも長く健康で幸せに暮らしてほしいです家




      先日、しめじさくらさんに作ってもらったコラージュ写真です。

      東北も南から徐々に桜が咲いてきたそうです。

      こちらは来週末の開花予想ですが・・・

      一足先にお花見をしたアンジー&ガブの姿を写真にしてもらいました。

      しめじさくらさん、ありがとうございます。

      多くのニャん子さん達がこの綺麗な桜を幸せな気持ちで眺めていられますように。。。

      アンジー&ガブがお願いしてきたそうですよ

      猫3猫3
      | 病気その他 | 21:10 | comments(18) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:10 | - | - | - |
        みっちゃまさん、こんばんは。

        Kさんのお家のアメショー君は病気ですごく消耗して大変そうです

        でも、頑張って生きています。

        バルジャンは痙攣が始まった時はあまり食事が取れなくなっていたので衰弱が早かったですが、アメショー君は良く食べるんだそうです。
        でも、発作ですごく消耗しているように見えるとKさんが凄く心配していました。

        でも、そんなアメショー君を応援するKさん一家の暖かい気持ちにすごく感動しましたね~。

        その子は震災の時はビックリしてパニックになってしまって、強い揺れであいてしまった窓から庭に出てどこかに行ってしまったんだそうです。
        翌日だったか数日後に帰ってきた時は本当に嬉しかったとKさんが電話をくれたのを覚えています。

        震災を乗り越えて強く生きるアメショー君が1日でも長く幸せに過ごせますようにお祈りしています
        | アンコロ | 2012/04/24 12:05 AM |

        アンコロさん アンジーちゃん ガブくん
        こんばんは~

        Kさんのお家のにゃんこちゃんは、とっても幸せですね~
        KさんやKさんのお子さんの深い愛情で守られてますもんね。

        Kさんのお家のにゃんこちゃんも、そしてバルジャンくんも、何かの意味を持って、Kさんのお家やアンコロさんのお家に来たような気がします。

        Kさんのお家のにゃんこも、幸せに、長く生きてほしいですね
        | みっちゃま | 2012/04/23 7:50 PM |

        corototuさん、こんにちは。

        ようこそおいでくださいました~

        Kさんお息子さん、本当に暖かい気持ちの人ですよね~。

        和が息子ながらいいこと言うでしょってKさんが自慢してました

        人も動物も与えられた一生の時間に限りがありますので、どれだけ充実した時間を持てるのか?っていうのは運命に導かれて決まるのでしょうか?

        小さな命を慈しむ優しい気持ちを持つ人が一人でも増えてくれるといいと思います。

        今も飢えや寒さやいろんな恐怖と戦って衰弱している命があるかと思うととても切なくなりますが、まずは目の前にある尊い命を大切にしてあげたいと思っています
        | アンコロ | 2012/04/23 12:15 PM |

        mamuriさん、こんにちは。

        生きとし生けるものは皆、寿命があって、天寿を全うしなくてはいけないのですが、短かったり長かったりそれぞれと分かっていても辛い気持ちになることがありますよね。

        Kさんの息子さんのように暖かい気持ちの人が増えて、幸せなパートナーライフを過ごせるペットさんが増えますように。。。アンジーとガブも祈っているそうです。
        | アンコロ | 2012/04/23 12:03 PM |

        苺ミルクさん、こんにちは。

        こちらも暖かくなったかと思えば今日は冷たい雨が降って肌寒いです

        春爛漫はもう少し先のようです

        たしかにこのブログを見ている限りでも様々な困難と立ち向かって、飼い主さんとともに過ごすニャンちゃんの姿が散見されますね。

        読んでいて胸が痛むことがあります。

        皆ニャンが少しでも幸せに暮らせるように良いご縁がありますように。。。
        | アンコロ | 2012/04/23 11:59 AM |

        なかママさん、おはようございます。

        Kさんはご自身も大きな病気と闘っていらっしゃいます。

        きっと、アメショー君が病にありながらKさんと過ごす時間についてKさんは何をすべきか?何が必要か?ちゃんと分かっているんだと思います。
        でも、ついつい愚痴がこぼれてしまったんだと思います。

        息子さんはKさんとアメショー君の間に何か感じるものがあるのかもしれませんね。

        優しい心を持った息子さんがいて、Kさんは幸せだと思います。
        | アンコロ | 2012/04/23 11:52 AM |

        くるみここママさん、こんにちは。

        バルジャンもアメショー君も運命と言いますか、自分がこのお家に行けばかわいがってもらえる。短いながらにも幸せに暮らせるかもしれないっていう何かを感じて相手を決めるんでしょうか?

        私達は引き寄せられるようにしてその子を家に迎え入れるのでしょうか?

        別れは辛いですが、安らかな時間を過ごせるように守ってあげてほしいと思っています。
        | アンコロ | 2012/04/23 11:47 AM |

        てつパパさん、おはようございます。

        テツコちゃんもうちのアンジー&ガブも保護猫ですが、Kさんのお宅のアメショー君はペットショップで購入された子なんだそうです

        なのでKさん曰く、よりによって高いお金を払って買った子がこんな病気になるなんて・・・って愚痴を思わず言ってしまったそうなんですね。

        その気持ちも分かりますよね。。。

        でもそんなKさんとアメショー君と一緒に暮らしうている息子さんは本当はKさんがアメショー君をすごくかわいがっているっていうことをちゃんと分かっていらっしゃるからこういう事をさらっと言えるのではないでしょうか

        アメショー君には素敵なニャン生を送っていただきたいです

        | アンコロ | 2012/04/23 10:08 AM |

        ひろちさん、おはようございます。

        こちらこそ、自分の日記で手一杯でご無沙汰してました

        わざわざコメント書き込んでいただいてありがとうございます。

        そうなんですよ!

        Kさんの息子さんは、最近はそういうけしからん輩が多いから、そんな家にもらわれていったら不幸だったと思うからこの子は我が家にきて大切に育ててもらう運命だったのだよって事を言ってくれたらしいです。

        いい息子さんですよね~

        一匹でも多くの子が幸せな一生を送れるようにアンジーとガブもお願いしてきたそうですからきっと神様に届いていると思います   
        | アンコロ | 2012/04/23 10:02 AM |

        こんにちは~

        さっそくまた来ちゃいました~
        Kさんの息子さんのお話、胸が熱くなり目に涙が
        たまりましたが必死でこらえました
        良いお話ありがとうございますm(_ _)m

        ニャンコとの出逢いも縁、運命ですよね
        わたしもうちの仔たちは我が子と思い暮らしています

        病気や怪我で苦しむニャンコや動物の苦しみが
        和らぐよういつも願っています
        | コロトツ | 2012/04/23 10:00 AM |

        こみぞうさん、おはようございます。

        Kさんって60代の方で、息子さんって言っても30代~40代の方だと思うんです。

        そういう心優しい大人の男性って素敵ですよね。

        しかも愚痴っている母親を諭すように話せるってすごいと思うし、そうよねって素直に聞けるKさんも素敵だと思います。

        そしてそういう事を話してくれたのって嬉しそうに話すKさんは可愛らしくさえありました。

        アメショー君、きっと幸せなニャン生を全うしてくれると信じています
        | アンコロ | 2012/04/23 9:57 AM |

         こんばんは~

        Kさんの息子さん、立派ですね
        命の尊さ、大切にしたいですね

        いろんなにゃんちゃんの、病気で苦しんでいる事を知ると、ツラくなりますが、みんなみんないつまでも元気で楽しく暮らして欲しいと願う気持ちは 皆一緒ですよね

        アンジーちゃん・ガブちゃん みんなの幸せを桜に
        願ってくれてありがとね
        | mamuri | 2012/04/22 5:45 PM |

        アンコロさん

        この数日また肌寒い日になっています。
        その為か、また寄り沿って寝ている2匹です。

        息子さんいいですね。
        本当、その通りだと思います。
        猫も色々な病気があり、ここのブログでも闘病の記事を
        目にしますが、飼い主様の気持ちを考えると、言葉に
        ならない事が多々あります。
        縁があって巡り合えたのだから、日々大切にして行きたい
        ですね。
        | 苺ミルク | 2012/04/22 9:00 AM |

        おはようございます

        朝からとてもいいお話を聞きました。

        Kさんの息子さんの言葉。
        心にしみて涙がとまりません。とても嬉しい涙です。
        そんな風に思える息子さんをはぐくんできた
        Kさんは素敵なひとなんですね。

        こういうお話を聞くと自分の身に置き換えて
        考えてしまいます。

        愛情の海の中でいっぱいの幸せを感じながら
        少しでも永く一緒にいられることを祈ります
        | なか | 2012/04/22 8:44 AM |

        アンコロさん こんばんは

        Kさんの息子さんのお言葉
        とっても 素敵

        バルジャンくんだって
        アンコロさんちの子になって
        幸せだったと思いますよ

        Kさんちのアメショーくんと
        同じですよ

        みんな そのうちそのうちで飼われているにゃんこたちは
        運命でそのおうちに来たんでしょうね

        | くるみここママ | 2012/04/21 10:56 PM |

        アンコロさん こんばんわ

        職場のウルトラ熟練スタッフさんのお話し…いいお話しで
        すね。手のかかる大変な子だけど、この子はうちの子にな
        って良かったんだよって思える優しい息子さんに拍手

        この息子さんの言葉で、最後まで面倒を見ることを決心さ
        れたKさんにも拍手

        Kさん家のニャンコちゃんに幸あれ

        | てつパパ | 2012/04/21 10:37 PM |

        アンコロさん ご無沙汰しております!
        いつも 読み逃げですみません

        すごいですね~  そのご子息
        思わず胸が温かくなりました
        お母様もきっと この子もうちの子でよかったと喜ばれたことえdしょうね  すばらしいご家庭なんだろうなあと思います。
        最近では代を支払わないどころか、病気の子いらないから とか 大きくなってからとかでに預けっぱなしで引き取りに行かず 新しい子を迎えたりする人もいると聞きます。
        みんにゃが選び間違わず 幸せになれる家族になれたらいいですよね

        アンジーちゃんとガブくんの願いが届きますように
        | ひろち | 2012/04/21 10:24 PM |

        アンコロさんこんばんは^^
        Kさんの息子さんの言葉にどどっと涙がでました。
        こんな事言える子供さんを育てたKさんは、心の綺麗な素敵な方なんだと思いました
        アメショー君、Kさんのお家の子になれて本当によかったですね。
        病気の子と過ごすのは、私が想像できないくらいご苦労も多いと思います。愚痴を言いたくもなりますよね。
        Kさんのこと、そしてアメショーくんのこと、応援してます。

        フワフワな桜の花と、アンジーちゃんとガブ君のコラボ写真、
        綺麗ですね沢山の人やにゃんこの願いを、きっと叶えて
        くれそうです
        | こみぞう | 2012/04/21 9:55 PM |










        http://pt-0000000990.jugem.jp/trackback/148
        PR
        アンジー
        平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
        バルジャン
        平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
        ガブローシュ
        平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
        ジャベール
        2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
        ロビン
        H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS