PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
<< 美意識の高いお嬢様!? | main | バルジャン日記? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    バルジャン日記
    0

      昨日は午後、お休みだったのでバルジャンを病院に連れて行ってきました車

      バルジャンは検便とだに、ノミの検査を受けました。

      あとはずっと私が気になっていた「目」と「ふらつき」です猫3汗

      先生に診てもらうと・・・


      バルジャンの左目は光を認識する事はできているようだけれどもよく見えていない可能性がある。
      網膜剥離しているようだ。

      眼底がはっきり見えないし、レンズが濁っている。

      高い所から落ちた(落とされた)もしくは、車などに軽くぶつかってしまったなりして頭を強く打った可能性がある。

      ふらつきも栄養状態が悪くてフラフラしているだけでなく、頭を強く打った後遺症の可能性もゼロではない。
      と、言われてなんだか悲しくなりました悲しい

      両側後ろ足の肉球を怪我してて擦りむいたようになっていました。

      前回、保護した翌日にパパちゃんが受診させた時は衰弱していて何がどう調子が悪いのかよく見えていなかったけれども少し元気になってきていろいろ気になる所が出てきました悲しい

      幸い、今の所、寄生虫はいないようでホッと一安心笑顔

      でも、一昨日、首もとあたりをボリボリ掻いていたバルジャン。
      ボロっと毛の固まりとかさぶたが取れてきました困った
      バドミントンのシャトルか羽子板の羽玉みたいになっててビックリ!!!

      それでもバルジャンは毎日少しずつ元気になってきて、ひとりでケージから出られるようになりました。猫7ダッシュ

      かすかな声で鳴きながら歩いて出て来れるようになったのですが、出ても写真のようにすぐうずくまります。

      必死に私の足下に寄ってきて・・・可愛いのでなでると甘えます猫3ドキドキ小

      4月7日大余震の夜に保護した時の体重が1.7Kg猫3

      昨日は1.82Kg猫3拍手

      ちょっとだけ体重が増えましたまる

      アンジーが今、2.5Kgなので、バルジャンはあと1Kgは増えてもいいはず・・・フード猫7

      まだ走ったり、ジャンプしたり、高い所に上ろうとしたりはしません。

      唯一、コロコロカーペットのテープがコロコロ動くのをわずかに追いかけようとします猫3キラキラ

      アンジーとお揃いの青いラメラメ首輪を買ってきてあげましたキラキラ

      毎日少しずつ元気になって長生きして欲しいにゃ~猫3
      | 怪我 | 22:33 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:33 | - | - | - |
        スウィートバニラさんはじめまして
        スウィートバニラさんは沢山の猫ちゃん達と暮らしていらっしゃるんですね
        我が家のアンジーとバルジャンも宜しくお願いします。
        たしかに、保護した場所は近いんですが、拾われた時期や状況の違いによって色々得手不得手があるようです。
        バルジャンは臆病ではないのですが、人と一緒に暮らしていないので少しずつルールを覚えながら元気に育って欲しいと思っています。
        | アンコロ | 2011/04/18 2:56 PM |

        アンコロさん はじめましてバルジャン君は大切にして貰える飼い主に助けられて、幸いでしたね
        うちのバニラも、捨て猫(というか女の子が、拾ったけれど多分親御さんに駄目って言われて困っていたのを、娘が職場から引き取った)でした。メイもルビーもみるくも購入しているので、怖い思いもせずに育ちましたが、バニラだけはきっとトラウマが或るのか、臆病なようです。
        産まれた時の環境が他の3ニャンズとの性格の違いに現れているのかも知れないですね
        バルジャン君が、優しいママさんの元で幸せな日々で癒されますように
        | スィートバニラ | 2011/04/17 12:52 PM |

        しめじさくらさん

        さくらちゃんも保護された猫ちゃんだったんですか~
        良い飼い主さんに巡り会えて、さくらちゃんも幸せでしたね
        バルジャンは先生の推理だと・・・
        アンジーと同じ時期に生まれた猫ちゃんで同じエリアの地域猫として親切な人たちから少しずつ食べ物をもらったり、飲食店が多いエリアなのでゴミなどから拝借したりして生きてきたんだろう・・・
        3.11震災があって皆、猫に何かあげる余裕が無くなって食事にありつけなくなってフラフラしていたらどこか高い所から落ちたか、何かにぶつかって怪我をしてしまってもう動けなくなったのだろう。
        たまたま旦那の車の前に4.7大余震の夜にうずくまっている所を保護された。。。
        そんなシナリオでした。
        虐待にあったり、致命的な怪我をしていなくて良かったですこれからはアンジーと同じように愛情たっぷりで育てようと思っています
        | アンコロ | 2011/04/17 9:49 AM |

        *KURUMI*mama*さん

        バルジャンは頭を強くぶつけてふらついているか、怪我をして感染症になって脳や脊髄にばい菌が入ってふらついているのか、単純に衰弱していてふらついているのか?今のままではわかりにくいのだそうです。とにかくやせ細っているので
        お魚でいうとサンマみたいなんです。
        横から見るとそれなりだけど、上(背中)から見ると細い!!!アンジーの半分しかないんです
        毎日高カロリー食を好きなだけ食べさせているんですけどね~
        1日も早くアンジーと面会できるように元気になって欲しいです。
        | アンコロ | 2011/04/17 9:38 AM |

         こんにちは。アンコロさんのお宅に迎えられたバルジャンくん、どんなノラ時代を生きてきたのでしょう。
         そう思うと、アンジーちゃんは、幸せでしたね。さくらも、母猫と5匹の兄弟で、ノラ人生を4ヶ月ほど過ごしました。生後3ヶ月頃に見つかってから1ヶ月ほどは、自治体で手をこまねいてたみたいです。とにかく1日でも早く保護したほうが、猫にとっても良いそうです。
         バルジャンくんも、辛い日々の末、こちらに身を寄せたのも、生きるか死ぬかの限界だったのかもしれないですね。良かったね、バルジャンくん。それだけでも幸せなことですから、アンコロさんも、ご無理なさいませんように。お体、ご自愛下さい。
        | しめじさくら | 2011/04/16 5:22 PM |

        アンコロさんこんにちわ

        バルジャン君お目目見えにくいの??
        だからふら付いてたのもあるのかな??
        バルジャン君何があったのかわからないけど、命があって本当に良かった
        これからママさんとパパさんとアンジーちゃんの愛情で良くなるかもしれません
        不思議な治癒力があるよ
        バルジャン君もアンジーちゃんみたく元気になりますよ
        バルジャン君は強いもん
        | *KURUMI*mama* | 2011/04/16 4:48 PM |










        http://pt-0000000990.jugem.jp/trackback/11
        PR
        アンジー
        平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
        バルジャン
        平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
        ガブローシュ
        平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
        ジャベール
        2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
        ロビン
        H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS