PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

アンコロ日記

ねこのきもち定期購読者ブログから引っ越して黒猫ニャンズとの暮らしを徒然に書き綴ってます。
ネコエコハウスやその他の事はアンコロ日記・別冊でアップ中です。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    さむずぎませんか?
    23
    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    こんにちは。

    日本中が真冬ですね。

    積雪や酷い寒さに慣れていない地域の皆様、大丈夫でしょうか?

    転んで怪我しないで下さいね。

    我が家は暖房のパワーをアップしたんですが。。。

    部屋が乾燥しすぎたらしく、お嬢様がすぐに反応。

    140208_075516.jpg

    左の鼻から青っパナがジュルル・・・

    140208_075559.jpg

    こうして拭いてあげてもまたすぐにジュルル・・・

    かわいそうなアンジー。。。

    早速、加湿器をオン!

    140208_075610.jpg

    オイラ大丈夫だよ!

    モジャ男は大丈夫でしょ!

    お姉ニャンのこと、よろしくね。

    そうそう、この荷物ケースを積み上げた廊下の床では、洗面所で水滴と遊んで足先がぬれたお兄ニャンが毛繕いに夢中です。

    足、冷たくないのかな〜(汗)

    140208_075704.jpg

    オイラ、足冷たくないよ!

    だから、ジャベは大丈夫でしょ!

    お兄ニャン、風邪引かない様に見てあげてね!

    ママちゃん、今日も仕事?

    オヤツ買って来てね〜!


    はいはい。わかりました〜。。。



     
    | 病気その他 | 12:39 | comments(4) | - | - |
    臍ヘルニア
    6
    JUGEMテーマ:ねこのきもち




    みにゃさん、こんにちは。

    もう2月ですね。

    1月はあっという間に過ぎて・・・

    今年もあわただしく始まったような気がします。

    少しですがネコエコハウスの手続きも進んでいます。

    春になったらいよいよ始動です!






    さて。

    アンジーの風邪はなかなかしつこくて・・・

    今週、またお注射をしてもらいました。

    ネブライザーもしてもらいました。



    鼻水がガビガビになって鼻にこびりついて鼻の中が炎症を起こしたらしく・・・

    診察中にくしゃみをしたらついに鼻の中が 少し切れたらしく 鼻血がでてしまいました!



    「鼻血〜!!」


    先生が見ている時だったのですぐに確認していただいて大事に至らず・・・

    ネブライザーして帰宅しました。




    体重は減っていないし、鼻水以外はおおよそ大丈夫らしくそこそこ機嫌も良く遊んだり走ったりしていることも増えてきました。



    早く全快して欲しいのですが、アンジーの鼻水や咳、痰が絡むなどの症状は保護したときからの継続した症状で、完全に無くなることはないだろうと先生から言われています。



    根気良く付き合うしかないようです。

    でも、青っ鼻はなおさないとね。

    さて。

    日記のタイトルの


    「臍ヘルニア」

    今月号のネコチモを読んだパパちゃんが気が付きました。

    「ジャべってさ〜臍ヘルニアなんじゃない?」

    「え!?まじで!?」

    「だって、ここ。」

    「そうじゃない?」


    (?。?)



    写真ではわかんないのですが、さわると乳首のポチポチ意外にコロッと触れるものがあります。



    あんまりオイラのおにゃかみにゃいでよ!

    「ジャべキック!」



    というわけで。

    アンジーがお注射に行った時に付き添いついでにジャベも診てもらいました。



    先生曰く。

    「あ〜。。。」
    「臍ヘルニアだね〜。」



    パパちゃんドンピシャ!

    (拍手!)



    手術するほどの大きな穴ではなさそうだけど・・・

    マイクロチップいれるのとヘルニアの手術一緒にしてもいいけど・・・

    どうかな〜?

    このままでいいかな〜・・・

    でもな〜・・・



    こないだバーニーズマウンテンドッグの子の去勢手術の時臍ヘルニアあってね〜

    大丈夫かな〜?って思ってたんだけど、ヘルニア見たら実は結構大きい穴で・・・

    これは!って思ってついでに閉じておいたんだよね〜。

    ジャべ君はどうかな〜・・・



    と、先生も決めかねている様子。





    (オイラおにゃかチュジュツされるとこにゃったよ)




    開腹しなくて済むんであればその方が良いに決まってるし、もう少し様子を見ることにしました。

    ジャべのマイクロチップ手術はアンジーが元気になってひと段落ついてからにしようと思っています。

    今月中に行けるかな〜!?

    こう考えてみるとガブは健康でお利口さンでラブリーなので本当に手のかからないいい子だな〜っておもったのですが・・・

    久々にやりました!


    (ゴメンニャサイ)

    廊下ウンチ!




    やっぱり、皆、手のかかるカワイイ子でした(笑)







    | 病気その他 | 10:59 | comments(15) | - | - |
    健康の秋!?
    2
    JUGEMテーマ:ねこのきもち
     

    みにゃさんおはようございます


    もう11月ですね〜。
    早い!早すぎる!

    テンプレート換えて秋の味覚キノコっぽくしてみました


    さて、先月はバルジャンが学会でみにゃさんにFIPのお話をしてきてくれたらしいのでちょっと御報告します。



    バルジャンはFIPドライタイプで亡くなりました。



    ウィルスが脳に入り込んでてんかんのような症状が出て発作を繰り返し、衰弱していったあと、病院で入院中に強い発作が来て一瞬で亡くなったそうです。

    強い発作が起きた瞬間、体が硬直してすぐに意識を失って呼吸も止まったらしいです。

    先生が人工呼吸器などつないで懸命な蘇生処置をしてくださいましたが脳死状態になったそうです。



    電話で連絡をもらった私は新幹線で1時間ほど先の出張関の病院で勤務していてすぐに迎えに行けなかったので、先生にはすぐに人工呼吸器をはずして家に帰る準備をしてほしいとお願いしました。

    バルジャンは器械や注射から解放され、病気の解明のために採血、髄液採取、濁っていた目の中の液を採取した後に1晩だけ帰宅し、翌日朝にはすぐに検査センターへ送られました。



    病理検査を受けたバルジャンは小さな箱の中に入って帰宅し、家族を見おろろせる場所に置かれています。



    先生は、バルジャンが残してくれた病気の資料を持って獣医師会の勉強会で何回か発表してくださっていましたが、この度、また東北地方の先生方がたくさん集まる学会で報告してきて下さいました。

    ウィルス学の専門の先生にも見ていただいたところ、学会でもFIPの原因ウィルスが脳に入り込んだ脳炎という診断で間違いないとお墨付きを頂いたらしいです。

    FIPというとウェットタイプの腹水がたまるイメージが強いですがドライタイプでは稀に脳炎を起こすこともあると言う事がこれで証明され、てんかんのような症状が出た時はこの病気も疑った方がいいという警鐘になりました。



    仲良しだったアンジーとバルジャン。



    アンジーにはFIPウィルスは伝染していないようでした。

    トイレもご飯も別で、のらだったバルジャンにワクチンを接種させるまでは最初は家庭内別居していましたし、バルジャンを触ったあとは常にアルコールで手を消毒してからアンジーに触るように先生から指導を受けていたので、それがよかったのかもしれません。



    バルジャンはアンジーを守ってくれているんだと思います。

    先生はすごくよくしてくださいましたし、今できる全力の治療をしてくださったと思っています。

    今回も学会の報告をしてくださったあと、バルジャンの御冥福をお祈りしますという言葉を添えてくださいました。

    いい先生でしょ





    さて、もう一つ健康のお話。

    私の40肩の痛みの治療の為に処方になったお薬。

    慢性的に続く痛みの苦しみから解放される画期的薬として生まれた新薬ですが、その強い鎮痛効果の反面、副作用も強く、話題性のあるお薬です。

    今年の夏に参加した顎関節症学会でもこのお薬を使って顎の痛みで苦しんでいる人を治療した報告が幾つかみられました。

    副作用を軽減するにはどう対応しているか?というのも話題になっていたような気がします。。。


    今回、私が実際に服用してみて体験した副作用の苦しみは噂以上でした!

    1日一回1錠、寝る前に服用。。。

    さてどうでしょう?


    眠気は睡眠薬レベルで我慢してこらえられる眠気ではありません。
    ユラユラしてまともに起きていられません。

    吐き気はず〜っとムカムカして翌日の昼食もヨーグルトしか美味しく食べれませんでした

    午前中はず〜っと激しい頭痛で頭を押さえていないとやってられないくらい酷いものでした。

    もうろうとしておかしな行動もとっていました。

    朝はお財布のお金を足すのを忘れてお財布に400円しかはいっていなくて、おかしいと思ったら。。。
    お札は封筒に入れて手帳に挟んでいて、その手帳をカバンに入れなかったので駐車場代を払えなくてビックリ!!!

    職場のロッカールームと家のカギを束ねたキーホルダーも夕方帰宅しようとしたらみあたりません。
    おかしいとおもって探しまくったら。。。

    なんと!!

    昼食後洗ったお弁当箱の中に入れてカバンの中にしまっていました。

    仕事中も実はぼんやりしていて指先を怪我しそうになりました。

    幸か不幸か副作用で苦しんでいた時間帯は込み入った治療をする予定が入っていなくてデスクワーク中心だったので医療事故はおこさずにすみました。

    お昼休みはすぐにパパちゃんにメールして副作用が強すぎて大変なのでどうしたらいいか問い合わせました。

    おかげで午後は6時頃になってようやくスッキリとした気分に戻って、薬が離脱してきた実感がわいてきました。

    さて、肝心の肩の痛みは。。。

    強い副作用で苦しんでいた時間帯も冷覚めてからも痛みは同じくらいで、あんまり痛みから解放されたという実感は1〜2回飲んだくらいでは感じられないというのが感想です。

    こんなだったらいつもの痛み止めでいいじゃん!なんて言ってしまったら立場上良くないのですが、正直、そう思ってしまいました。

    は〜。。。自分が処方する前に体験して良かった〜!って思いました。

    だって、こんな苦しい思いをしてまで抑え込まなくちゃいけない痛みストレスってどのレベルだろう?って自分で考えるいい機会になりましたから。。。

    秋は味覚や運動や芸術やなにやらいろんな楽しみがありますが、すべて健康あってこそ!

    というわけで、今年の我が家は健康の秋!ということになりそうです。。。




    ママちゃん、女子は冷えは禁物ニャ。

    肩も冷やしちゃダメニャよ〜!







    | 病気その他 | 07:24 | comments(12) | - | - |
    うちの子でよかった話
    0
      みなさん、こんばんは~星

      メモ

      今日は職場で聞いたお話を紹介します。


      クローバー  チューリップ  クローバー  猫3  クローバー  チューリップ  クローバー



      職場には年齢がかなり上の超ウルトラ熟練スタッフさんがいます。

      猫が大好きラブ

      Kさん。

      Kさんのお家にはアメショーの男の子がいます。

      その前はペルシャの雑種かな?美ニャンちゃんがいたそうです。

      今は近所の地域猫のお世話もしているそうです。

      さて、そのKさん家のアメショー君。

      去年、てんかん様発作が起きて大変な思いをしました。

      私もバルジャンの事があったので良く調べてあげた方がいいと助言して応援してました。

      幸い、内服薬が効いててんかん様発作は落ち着いていました。

      ところが、最近、また同じような発作。いや、もっとひどい発作を起こすようになったそうです。

      Kさんはニャンちゃんに保険をかけていなかったので検査や治療にかかる費用は相当なものだとため息をついていました落ち込み

      私もかける言葉がありません悲しい

      そうしたら一緒に暮らしているKさんの息子さんが良いことを言ったそうです。

      Kさんが愚痴ります

      「あ~・・あんなにいっぱい仔猫のいる中からこの子だって選んでうちに連れてきたのがよりによってこんな大変な病気の子だなんて・・・悲しい

      そしたら息子さんがこう言ったそうです。

      「この子は家に来て良かったんだよ。」
      「もしかしたら病気だってわかったとたんに捨てられるかもしれない」
      「もしかしたら早々に安楽死させられてたかもしれない」
      「でもうちに来たからこうして病院にいって治療できるしお腹いっぱいご飯食べていられるんだよ。うちに来てなかったらこうはできなかったと思うから、この子はうちの子になって良かったんだよ。」


      それを聞いたKさん

      すごく嬉しくなって、この子を最後まで面倒みてあげられるのはウチしかないって自信がわいたそうです力こぶ

      この子との出会いは運命だったって思えるそうです。

      そう思えるKさんは素敵だと思いました。

      Kさん家のニャンコちゃん、1日でも長く健康で幸せに暮らしてほしいです家




      先日、しめじさくらさんに作ってもらったコラージュ写真です。

      東北も南から徐々に桜が咲いてきたそうです。

      こちらは来週末の開花予想ですが・・・

      一足先にお花見をしたアンジー&ガブの姿を写真にしてもらいました。

      しめじさくらさん、ありがとうございます。

      多くのニャん子さん達がこの綺麗な桜を幸せな気持ちで眺めていられますように。。。

      アンジー&ガブがお願いしてきたそうですよ

      猫3猫3
      | 病気その他 | 21:10 | comments(18) | trackbacks(0) | - |
      バルジャン日記??2(ご報告)
      0


        みなさまこんばんは月

        バルジャンは入院しました病院


        でも、先生と病院のスタッフさんのおかげでバルジャンはお昼からみたら格段に元気を取り戻しているようでした。

        凄く凄く凄くホッとしました。


        写真は先週の土曜日のバルジャンです
        一週間後に入院するなんて思ってもいませんでした


        やっぱり、経口摂取が思うように出来なくなってもの凄く脱水していたらしく、点滴開始したら動く(寝返りをうつ程度ですけど)ようになってきたそうです。
        元気が出るお注射は昨日して頂いていましたので一瞬元気になったように見えましたが、今日のお昼は絶望的に弱っていました。

        急いで病院に電話して良かったです。


        そして、獣医師会の会議に遅刻しているのにバルジャンの為に時間を作ってくれてありがとうございます!先生!
        更に、くだらない会議だったから・・・といいつつ、早々に病院に戻ってバルジャンを診てくれてありがとうございます!先生!

        もっと更に!この画面上からバルジャンを応援して下さった皆様、パワーを送ってくれたおかげでバルジャンに届いたようです!持ち直しました。

        自分で頭を持ち上げて振り返り、名前を呼ぶと「フ~ン」と鳴いてお返事してくれました。

        バルジャンはもともと怪我をしていたのでその後遺のような症状があったりしてふらついたり足が強ばったりしていましたが、何かに感染して炎症が長引いているのが消耗する一番の原因になっているようです。
        抗生物質やステロイド、抗真菌剤などを試しながら炎症を取り除き、体力回復に努めれば何とかなりそうだという先生のお話を聞いて安心して帰ってきました。

        楽観できる状態にはありませんが、絶望的ではないという事でした。

        本当に本当に感謝の思い出いっぱいです。

        バルジャンの運命を
        神様は見放してはいなかったことに感謝です。

        コメントを下さった皆様、
        このブログを読んで応援して下さった皆様。

        バルジャンは入院しましたが
        回復に向かっていますのでどうぞご安心を。

        そして引き続き末永くバルジャンを応援してあげて下さい。

        宜しくお願いいたします。
        続きを読む >>
        | 病気その他 | 21:37 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
        アンジー(抜糸)&バルジャン(耳)の速報
        0

          みなさまこんにちは猫3猫3
          今日はちょっと時間がないので取り急ぎ報告です汗
          (お花はお友達からのプレゼントです)


          アンジーは抜糸しました病院
          極めて順調です


          抜糸したあとは先生がなにやら軟膏を無って下さったので、
          今日一日はパパちゃんお手製のカラーを装着したまま
          過ごしてもらうことにしようと思います。



          今朝のバルジャンです猫3

          今朝、7時20分頃、食事をしようとフードボウルの前まで歩いていったバルジャンが床の上に転ぶ音がしました汗
          あわてて振り返ると、四肢を硬直させてピーン!と伸ばしきったまま、全身を痙攣させているではありませんかっ!!!

          走っていってすぐに抱き上げ、噛んでいる舌を解放するために口に指を入れました。
          食事をしていたらしく、口の中に少量のフードが入っていましたフード
          カッと眼を見開いて痙攣するバルジャンを抱き上げてさすり、痙攣がおさまるのを待って暫くダッコしていました悲しい


          今日はアンジーと一緒に病院に行く日だったので朝一受診しました車


          血液検査をすると水分と栄養が足り無いらしく、やや貧血気味だけど明らかに病気という訳ではなさそうです。耳の疾患から来る目眩ふらつきの延長からもともと手足に軽い痙攣が出やすかったので、酷く出てしまっただけなのかも・・・と、いう診察結果でした猫3
          てんかんかと思って焦りました汗

          今日は高カロリー栄養食を処方して頂きました。

          帰宅してお皿に少量出すとよく食べてくれたのでラッキーでしたフード
          食べると言ってもバルジャンの一回の食事量はティースプーン2~3杯程度。
          それでも食べて飲水してくれれば全て栄養です力こぶ
          どうして一回の食事量が少ないのか謎です猫3はてな


          もっと丁寧に報告したかったのですが、今日は二匹まとめて日記でスミマセン汗
          帰宅するとアンジーがバルジャンを舐めてあげていました猫3ドキドキ小猫7

          そうそう、アンジーもバルジャンに優しくしてあげてねドキドキ大

          頑張れバルジャン!!!

          そんな感じの1日でした猫3猫3
          | 病気その他 | 16:18 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
          PR
          アンジー
          平成22年10月15日深夜。 中央通りの真ん中(中央分離帯)で寒さに震えてうずくまっている生後2カ月の黒猫ちゃんを保護しました。 猫風邪がひどくて具合が悪かったのでしょう。オハギのようにいつも丸くなっていたのでアンコの「アン」とパパちゃんの名前から1文字もらって「アンジー」と名づけました。 我が家のカワイイ長女です。
          バルジャン
          平成23年3月11日の大震災の後、4月の大余震の夜に保護しました。 アンジーと兄弟のようでした。 怪我と病気で衰弱していましたが少し良くなったような気がしたある日。 突然始まった病魔との闘いで生後8カ月頃、虹の国へ旅立ってしまいました。 FIPドライタイプでした。 今は虹の国でFIPと闘う猫ちゃんを応援しています。 我が家の長男です。
          ガブローシュ
          平成23年4月29日生まれの我が家の次男坊です。 ガブは生後間もなく母親と生き別れ、モモキチサンのお家で保護されました。 モモキチさん家のモモちゃんというワンちゃんといっしょにいたせいか?猫らしくないところもあり、心やさしい箱入り息子で癒し系男子です。 震災の後に生まれたせいか?保護してくれたモモキチサンの育て方が良かったのか? ちょっとどんくさいけど愛らしい甘えん坊さんです。 ラブリー男子会東北支部長としてラブリーに磨きをかける日々です。
          ジャベール
          2012年4月末生まれ。 2012年11月23日動物いのちの会いわて譲渡会で出会って我が家の3男坊になりました。 山に捨てられた母猫が山中で生んだ生粋の山猫。保護先ではルフィ君という名前でしたが我が家のメンズは「レ・ミゼラブル」の劇中の登場人物から名前を頂く伝統!?があるので「ジャベール君」になりました。 ワイルドさが半端ない爆弾級の暴れん坊に家族全員がビビりまくりの毎日です。。。
          ロビン
          H24年7月にアパートの駐車場で一人ぼっちで鳴いていたのを見つけて保護しました。 生後2か月くらいの小さな男の子でした。譲渡しようと試みましたがジャベール君がすごくかわいがるのでうちの子にすることに決定! 我が家で初めてのチャトラ君です!黒猫一家に何の違和感もなく溶け込みマイペースな毎日を過ごしている末っ子ボーイです♪
          SEARCH THIS SITE.
          MOBILE
          qrcode
          OTHERS